安全・安心の取り組み

もっと食の安全のために安全・安心の取り組み 北海道の食卓が安全・安心であるために、また組合員さんの要望に応えるためにコープさっぽろではさまざまな取り組みを行っています。 食の安全をチェックする取り組み→商品検査室 コープさっぽろの自主基準→6つの自主基準 安全・安心の情報を発信→食の安全委員会 これからも組合さんのみなさまへ、確かな商品をお届けするために全力で取り組んでいきます。

商品検査室

商品検査室では、組合員の「食の安心・安全」を推進するため、取り扱う商品が国の基準やコープさっぽろの自主基準に適合しているか、商品検査(食品添加物、残留農薬、微生物など)、表示点検、店舗の衛生管理、取引先の工場点検などを行っています。

>>詳しくはこちら
商品検査室では食の安全・安心のこのような検査・点検が行われています!

1.微生物検査

食中毒の最大原因は微生物によるものであり、微生物管理は食品供給事業者にとって最も基本的で重要な課題です。
食中毒事故を未然に防止するため、微生物検査を行っています。
加熱せずに食べるもの、品質劣化の早いものを中心に、新規取扱い時検査や定期検査を実施しています。

培養試験を行い微生物の確認をします

2.理化学検査

๏残留農薬検査

野菜、果物、米、冷凍野菜などを対象に残留農薬検査を実施し食品衛生法に適合しているかを確認しています。

๏動物用医薬品検査

牛肉、豚肉、鶏肉、養殖魚介類などを対象に抗生物質、合成抗菌剤の検査を行い食品衛生法に適合しているかを確認しています。

๏食品添加物検査

食肉製品や魚卵などを対象としてコープさっぽろの食品添加物自主基準が守られているか、実際に検査を行い確認しています。

๏DNA検査

米の品種判別、肉の畜種判別のDNA検査を行い、表示が適正であるか確認しています。
※理化学検査の多くは、日本ハム㈱中央研究所など外部機関に委託しています

残留農薬検査のサンプルを準備しています

3.工場点検

  • 取扱い商品の製造工場を訪問し、製造施設や衛生状況の確認しています。
  • 食品による危害を防止する上で重要な金属探知機や加熱殺菌工程、衛生の管理状況を重点的にチェックしています。
  • 点検結果は製造工場とも共有し、品質管理向上と改善に役立てていただいています。

製造工場の衛生管理状況を実際に見て確認します

6つの自主基準

  1. ①食品添加物自主基準
  2. ②微生物基準
  3. ③『コープ産直』商品の取扱基準
  4. ④生鮮食品表示基準
  5. ⑤加工食品の原料原産地表示基準
  6. ⑥生鮮商品の栄養情報提供者等に関する基準
>>詳しくはこちら

食の安全委員会(食の安全・安心の情報を発信)

食の安全委員会は、2004年に食の安全・安心に関連する理事会の専門委員会として設置されました。委員は外部の学識経験者、組合員理事、コープさっぽろ役職員で構成されています。理事会に対して提言を行い、組合員の食の安全・安心に関する要望に応えています。

>>詳しくはこちら
ページ先頭へ戻る